中古車展示場等の用に供されている土地の評価についての裁決事例がありましたので掲載します。

底地・賃借権の付着した土地

当該土地を底地として評価するのか、賃借権の付着した土地として評価するのかによって大幅に評価額が異なってきます。
従って裁決を知っているか否かはとっても大きなことだと言えます。

中古車展示場等の敷地の評価(平成17年5月17日裁決・公開・大阪)

事例の概要

本件土地の賃貸借契約は、中古車展示場等の敷地として賃貸借契約を締結したものであり、借地法の適用はなく、借地権の目的となっている貸宅地として評価するのではなく貸し付けられている雑種地として評価すべきとする裁決事例

裁決要旨

請求人らは、本件土地の中古車展示場等の敷地としての賃貸借契約について、貸付けの際に建物の建築を承諾していたこと並びに本件土地上の建物について所有権保存登記がされていることから借地法の適用があり、本件土地は借地権の目的となっている貸宅地として自用地価額から借地権価額を控除して評価すべき旨主張する。

しかしながら、本件土地の賃貸借の目的である中古車販売業は、事業目的遂行のため多数の自動車を野外に展示して販売する事業であり、賃貸地の一部に管理のための事務所及び商談スペースとなる建物の建築を承諾し、実際に建築され登記がされたとしても、建物の所有以外の目的のための賃貸借であると認められるから、本件土地に係る賃貸借契約には借地法の適用はなく、借地権の目的となっている貸宅地としての評価をすることはできず、財産評価基本通達86に定めのある、貸し付けられている雑種地として評価すべきである。(平17.5.17大裁(諸)平16-86)

※地代・家賃の鑑定評価、借地権・底地の鑑定評価を受け賜っております。
 お気軽にお問い合わせください!

タップするとかかります
メールフォームでのお問合せ